世界経済の深刻な状況になっているにも拘らず、世界のカジノ市場は活況を呈しています。
2015年には1,800億米ドルに達すると予想されているのです。
これは世界のカジノの売り上げとオンラインカジノ市場を合わせたものです。
もちろん、カジノの施設は成熟した市場となっており、新しい展開が期待されるわけではありません。
しかし、世界にはまだカジノをやったことがない人がたくさんおり、市場は拡大する要素を持っているのです。
安定成長が見込まれている背景には、新しいカジノ施設ができると、新規顧客の獲得ができることが確実だからです。
世界のカジノの中でこれからの発展が期待されるのはアジアです。
もちろん、その中には日本も含まれていますが、日本は法律の問題をクリアしなければなりません。
アジアと太平洋諸国がカジノ市場で期待される理由は、地域の経済成長が国民の所得を増やしていることです。
つまり、地域住民がカジノに向かう余裕ができてきたと言うことです。
中流富裕層ですね。
それから、カジノやギャンブルに対する文化的な理解が得られていることです。
法律の規制さえなければ消費者がカジノに関心を示すことが自然な流れになるのです。
そして、新しいカジノセンターが建設され、カジノ市場自体が広がっていることです。
一番、典型的なのはシンガポールです。
2010年に始まったシンガポールのカジノは2014年には80億ドルまで急増すると予想されています。
また、世界一位になったマカオのカジノも新しい施設やリゾート施設を建設しました。

世界のカジノ産業が盛況なことを受けて、日本でもカジノ解禁に向けての動きが活発化しています。
日本でのカジノは本当に儲かるのか。
世界のカジノとの比較で少し考えてみましょう。
カジノ誘致によって雇用や税収の増加を期待している自治体は多くなっています。
与野党の中でも関連法案の準備を進めているそうです。
震災後の復興財源と見る人も多いようですね。
これには世界のカジノの中でも後発となるアジアのカジノ状況が大きく影響しています。
マカオのカジノの税収が前年比40%増なのです。
約2兆5千億円と推定されています。
シンガポールでも2010年にカジノが解禁されて、旅客数が10%増加しています。
カジノ解禁でいいことずくめなのです。
日本もそれを見習いたいと思っているのです。
さて、日本でカジノが解禁されるとどうなるでしょうか。
アジアの中でもカジノ後発国ですから、それなりの魅力がなければ客は集まりません。
すでにベトナムやフィリピンなどは中国の富裕層をターゲットとして開発計画が進んでいるのです。
単純にカジノに関する法律を整備すればよいと言うわけではありません。
周辺の娯楽施設がカジノの魅力を高めることになるのです。
外国から来たお客をカジノで満足させることができるかが、重要になるのです。
こう考えてくると、実際に日本にカジノを作って利益を出すことができる地域はそれほど多くありません。
交通の便や周辺の施設を考慮しなければなりませんね。
カジノが解禁されるのはいつのことでしょうか。

世界のカジノを楽しむほど、時間とお金がある人は少ないでしょう。
他人のカジノ体験記を読んで、自分が世界のカジノに言った気分になるだけで我慢しましょう。
アメリカのデトロイトのカジノの体験談です。
MGM、モーターシティー、Greektownの3か所があります。
デトロイトにカジノができたのは、最近のことです。
それまではすぐ近くの国境を超えたカナダのウィンザーカジノに多くの人が行っていたのだそうです。
どこの国でも自国に観光客を呼びたいと思っていますから、カジノはどんどん増えていくのです。
デトロイトの街中は治安の悪さではアメリカ内でもトップクラスだそうです。
そんなところでのカジノは危険な感じがしますね。
もちろん、カジノとホテルではカードがなければ扉は開きません。
不審者が侵入することはないので安心してプレイできます。
一般にカジノの中に入ってしまえば、どこの国のカジノでも同じようなものです。
もちろん、表記されている言葉は違うでしょうが、おおよそのルールは見るだけでわかるのです。
注意しなければならないのは、カジノを出て、別の娯楽を楽しもうとする時ですね。
デトロイトは治安が悪いため、夜に一人で裏路地などには行かないようにしましょう。
これは通常の観光旅行での注意事項と同じですね。
それから、通貨はその国の通貨が原則です。
日本円を出しても拒否されるでしょう。
カジノを楽しむつもりなら、考えている予算をすべて現地通貨に替えておくとよいですね。

マカオのカジノは世界のカジノの中でもどのくらいのところにあるのでしょうか。
まだマカオのカジノに行ったことがない人に、少し予備知識を紹介しましょう。
世界のカジノはたくさんありますが、マカオは比較的大きなカジノとなります。
マカオのカジノで勝ちたいと思うなら、その特徴的なゲームを知っておくことが大切です。
基本的なルールは世界のカジノで共通ですが、その都市毎に少しずつ違っているのです。
世界のカジノを知っている人には常識なのかもしれませんね。
マカオのカジノには大きく2種類のゲームがあります。
それは運試しのゲームと戦略ゲームです。
運試しとはその名のとおりで、さいころの目が偶数か奇数かと言った自分の思いとは無関係に勝敗が決まるゲームです。
もう一つの戦略ゲームとは、ゲームの進行にしたがって選択肢が複数あり、どちらを選べばより勝利に近づくか考える余地があるものです。
もちろん、これらのゲームはマカオ特有のものではありません。
しかし、マカオのカジノに何の予備知識も持たずに行くと、ほとんど負けると考えてよいでしょう。
自宅でできる予備練習で慣れておくと、勝つ確率は高くなるのです。
戦略ゲームは知識と経験によって勝つことができるからです。
もちろん、その中には運もあります。
運を自分に引き寄せることができるかも、カジノの楽しみ方の一つですね。
ブラックジャックはトランプゲームの中でもわかりやすいものです。
自分の手を見ながら次の手段を考えることができます。

ラスベガスは世界のカジノの中でも最も訪問者が多いと言われています。
カジノの設備だけではなく、豪華ホテル、レストラン、ショー、アトラクションなど娯楽に事欠きません。
全く生産性のない世界のカジノですが、これだけ多くの人が訪れるのはどうしてでしょうか。
ラスベガスは150万人の市民が生活している都市です。
多くの人がラスベガスのリピーターになるのですね。
一度も体験したことのない人はぜひラスベガスで世界のカジノを満喫してみましょう。
ラスベガスで有名なのはリムジンでの迎えです。
リムジンなど乗ったことがない人は多いですから、それだけでもラスベガスに来た思い出になってしまうのです。
ラスベガスに旅行に行く時にはツアーなどもいいですが、単独で予約することもできます。
リピーターの人たちは予約も慣れているようです。
ホテルはどこも豪勢です。
当たり前ですが、日本のビジネスホテルとは全く違いますね。
至れり尽くせりと言った感じです。
ラスベガスにカジノが登場したのは1946年のことです。
当時はマフィアの勢力が強く、一般人のカジノではありませんでした。
その後、当局の規制が強まり、普通の人が楽しむカジノになったのです。
世界中から観光客が訪れます。
日本人にとっては世界のカジノはラスベガスです。
映画のシーンで出てくるラスベガスのカジノは印象的です。
サスペンス物やアクションもの、何でもでてきますよね。
また、ホテルやショーなどカジノ以外の楽しみ方をあります。

カジノの体験談はたくさんありますが、世界のカジノを周ったことのある人はそれほど多くないでしょう。
最近はオンラインで世界のカジノを体験できるようですが、本場の雰囲気が大事ですね。
カジノを一人でするならば、家庭のテレビゲームと変わりないからです。
日本人が世界のカジノをイメージする時はラスベガスを思い浮かべるでしょう。
華やかなネオンやゴージャスな室内はいかにもカジノと言った雰囲気ですよね。
世界のカジノはエンターテインメントを強調するようになりました。
ギャンブルよりも娯楽性を重視しているのです。
ギャンブルで適当な散財をした後は、リゾート気分でのんびりとするのです。
あなたは海外旅行に出かけたことがありますか。
ラスベガスは砂漠の中にありますが、アジアは南国のリゾート気分ですよね。
カジノで行われているゲームにはいろいろなものがあり、中には余りポピュラーではないものもあります。
新しくゲームを覚えるよりも、知っているゲームで楽しむようにしましょう。
それが一番です。
ギャンブルですから儲かることがうれしいでしょう。
しかし、負けても悔しがる必要はありません。
楽しんだ分の手数料だとあきらめましょう。
このあきらめができない人は世界のカジノに飲み込まれてしまうかもしれません。
ちょっと危険ですね。
カジノで冷静さを失わないようにしたいものです。
もちろん、ひとつひとつの勝負は熱くなってもよいのです。
カジノは一人で楽しむものではないことを理解してください。

世界のカジノでは億万長者になった人がいるようですね。
日本ではオンラインカジノはできますから、あなたも大当たりを当ててみませんか。
オンラインカジノで1億3000万円を稼いだ日本人のことが雑誌に掲載されていました。
すごいですね。
その人のインタビューがありますが、普通のサラリーマンです。
当たったお金を何に使うかとの問いに対して「軍資金と生活費」だそうです。
臨時で1億円が入ってきたのですから、生活費はないような気がしますけどね。
一般庶民にとっては1億円のボーナスをもらっても、使い道を思いつかないのですね。
オンラインカジノ以外の趣味は「コーヒーとタバコ」だそうですが、これは趣味とは言えないですよね。
この記事を読んで、自分もオンラインカジノをやってみようと考えた人は多いかもしれません。
ジャンボ宝くじなどはあるのですが、3億円当たった人がどうなったのか誰も知りませんよね。
ギャンブルはいいことばかりではないのです。
大当たりはその人の人生を狂わせてしまうかもしれません。
しかし、毎回宝くじを買っているのに当たらない人がカジノで当てることができると考えるべきではないですね。
運命の女神が微笑んでくれるのは誰でしょうか。
自分ではないと思っておきましょう。
日常生活の気分転換として世界のカジノを考えることです。
オンラインカジノを日常的にやることは、もはやカジノと呼べません。
単なるギャンブルです。
人は毎日ドキドキすることばかりがあるわけではないのです。

実際のお金を賭けることができる世界のカジノではいろいろなゲームを楽しむことができます。
特徴的なゲームをいくつか紹介しましょう。
あなたも世界のカジノで楽しむ機会があれば、やってみたいゲームを決めておきましょう。
まず、ブラックジャックです。
お馴染みのトランプを使ったゲームですね。
世界のカジノで人気の高いものになっています。
カードの合計数が21点を越えないように、できるだけ高い点数とするゲームです。
ルールとしては単純ですが、ギャンブルとなると面白味が違ってくるのです。
究極のギャンブルとも呼ばれているのがバカラです。
ルールは簡単で、バンカーとプレーヤーのどちらに掛けるかの2者択一です。
単純なルールでレートが高いですから、カジノの中で一番盛り上がるテーブルとなります。
日本の丁半博打と同じですね。
シンプルなルールほど熱くなるのでしょう。
カジノで必ず見るのがルーレットです。
テーブルがくるくる回るゲームで、球がどこに止まるかを当てるのです。
賭け方はいくつかの方法があり、それを理解しておいた方がいいですね。
一般の旅行者が気軽に遊べるのはスロットマシンです。
日本にもスロットがありますから、何となく親しみやすいのでしょう。
コインを入れて、レバーを引いてボタンを押すだけです。
絵柄がそろえば、コインが吐き出されてきます。
この他にもいろいろなゲームがあります。
世界のカジノを渡り歩いているような強者でも、単純なゲーム程熱くなるのです。
あなたはどんなゲームが好みでしょうか。

世界のカジノのニュースと言えば、日本国内におけるカジノ合法化のことでしょうね。
世界の例を見るとカジノによって観光客誘致が成功しているからです。
日本では震災以降の産業の衰えが深刻です。
低迷した産業を復興させるためには観光を起爆剤とすることが一番だと考えられているのです。
そのためには他国にならって、カジノの合法化が必要となります。
国会議員で作るカジノ合法化を目指すグループがあります。
この動きは震災前からあったのですが、震災後にさらに大きな運動となっているようです。
地方自治体の中にもカジノ誘致を計画しているところもたくさんありますね。
この状態で法律改正となると、日本中にカジノができてしまうかもしれません。
しかし、たくさんのカジノができると共倒れの危険性がありますよね。
経済関係の調査によるとカジノ合法化によって経済効果は1兆円程度見込まれるとしています。
これが本当なら、合法化を進めてほしいと思ってしまいます。
もちろん、カジノ合法化には反対論も根強くあります。
ビジネスだけを考えれば合法化ですが、生活などへの影響が懸念されるとして市民団体が反対しているのです。
どちらの意見も貴重なものですが、どちらに軍配が上がるのでしょうか。
これからのニュースとなることでしょう。
カジノに絡めてパチンコの解禁も話題となっています。
もちろん、パチンコをカジノと一緒にすることは筋違いです。
世界のカジノと同じですが、合法化の目的が違うからです。

世界のカジノの裏話を少ししましょう。
カジノではお金を儲ける人もいますがほとんどの人は損をして帰ることでしょう。
もちろん、自分が決めた額程度なら、観光に来たのだと思えば諦められます。
実際にカジノではかなりの売り上げが見込まれているのですから、賭けはホテル側が買っているはずですね。
しかし、ほとんど運だけのような賭けでホテル側が必ず勝つと言うことはどう言うことでしょうか。
以前、いかさま疑惑がありました。
かなり昔のことです。
実際のカジノではいかさまが行われているわけではありません。
世界中でたくさんの人が楽しんでいるのですから、いかさまがあったら、観光として成立しませんよね。
テレビに出てくるマジシャンなどがカジノにいったらどうなるのでしょうかね。
国によってカジノが合法かどうかは異なります。
観光客を誘致するために、非合法のカジノを限定して合法にした国はたくさんあります。
韓国もそうです。
韓国だけではなく世界のカジノの多くでは、入場できるのはパスポートを持っている外国人だけです。
自国民はカジノ禁止なのですね。
観光産業を育成するためにはこれはいいことだと思いますね。
カジノで使われるお金はすべて観光客が出してくれることになるからです。
自国の産業が発展することにつながります。
ラスベガスのカジノも、目的は同じだったと言います。
雇用と産業の育成のためのカジノです。
何もない砂漠に現れたカジノで多くの人がお金を使っていくのです。
どこの国でもカジノで地域を活性化させようと考えているのです。

カテゴリ

月別アーカイブ

コンテンツ

DESIGNED BY